CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
レーシングポニー

品薄になったレーシングポニーを少し追加製作しています。

 

途中、機械加工が必要で、松川の作業場に行って一時間ほど作業をしてきました。

作業場からの中央アルプスがとても綺麗でした。

| woodworking (木工) | 08:38 | comments(0) | - | pookmark |
木の文鎮(ぶんちん)

天然木を重く加工した文鎮を仕上げました。

サクラ、ウエンジュ、カリン、ゼブラウッドです。

長さ15cm、と19cm   

重さは240g 比重3.4 石やガラスより重いです。

 

今回は塗り仕上げしてみました。

| woodworking (木工) | 08:38 | comments(0) | - | pookmark |
本立て、文鎮

本立てを作りました。

 

文鎮も仕上げの塗り工程です。

 

 新型コロナウイルス騒ぎで株価も下がり不景気風が吹くのでしょう。

クラフトフェアなどは一番に影響されます。

色々作って準備してきましたが、今年は売れないかなー・・・です。

| woodworking (木工) | 11:14 | comments(0) | - | pookmark |
踏切

電車が好きな子がいます。

危ないので踏切を作って、あげました。

 

| woodworking (木工) | 11:20 | comments(0) | - | pookmark |
二段弁当箱

自由の身、土曜も日曜日もありません。

製作乾燥中の二段弁当箱、蓋を作って

仕上げのサンドペーパーをかけ、

塗りに入ります。

 

外は雨、明日にしよう。

| woodworking (木工) | 07:35 | comments(0) | - | pookmark |
少し余裕が

 新型コロナウィルス感染防止対策として、各種イベントが縮小、中止になっています。

びっくり工房今年最初の、4月4,5日の阿蘇クラフトフェアも中止になりました。

出展に向け製作準備に焦っていましたが、少し気持ちに余裕がでました。

 

作業はいつも同時並行で色んな事を進めています。

狭い工房がより一層混雑してきます。

 

昨日の工房です。

一本足腰掛を塗り完成させました。

 

二段弁当箱とbookカバー(大)です。

乾燥中の弁当箱

手縫いでやっと本革8枚を縫い上げました。

 

 こんな田舎でも、時節がら出来るだけ外出を控え、こんな作業を続けています。

でも、スポーツジム併設のプールには通っています、プールは塩素殺菌されるので大丈夫といいように解釈して。

| woodworking (木工) | 09:07 | comments(0) | - | pookmark |
タブレットスタンドの製作 その4(完)

昨年の木取りから始まったタブレットスタンド、やっと先行の20枚程が完成しました。

 

 

| woodworking (木工) | 13:20 | comments(0) | - | pookmark |
ターニング加工(茶箱脚)

自作、改造した木工用旋盤で、

家具の脚を2種類加工しました。

 

 

これは、ご注文品で、

インテリア茶箱の脚になります。

 

昔ながらの木製茶箱に洒落た布加工を施し、脚を付け小さな腰掛になるのだそうです。

(写真、無断借用、すみません)

 

| woodworking (木工) | 10:41 | comments(0) | - | pookmark |
手作り木工旋盤、その2

先に、カリグラフィー用ペンホルダーを製作するために木工旋盤を手作りしました。(2019年12月30日付けblog)

 

 今回、もっと太い家具用の「脚」の注文が入りました。

そこで、さらに”チャック”と”センター””を改造しました。

下がそれです。

エッ、やっぱりボール盤じゃないか?て。

では、倒して横にしてみます。

木工旋盤でしょ。

チャック部は

下のようにして作りました。(爪はペンチで逆側に曲げ、ボルトの頭を切り落とし先を尖らせ、Wねじにして回り止めします)

反対側の”センター”はAmazonで1200円くらい(中国製)で買いました。

 

削ってみました。調子がいいです。

40個ほど作ります。

 

| woodworking (木工) | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
タブレットスタンドの製作3

溝加工の済んだ板を飯田の工房に運びました。

作った補強棒をこの溝に入れ、接着固定します。

これが思いの他 難しい作業です。

両サイドを接着ジグで固定しています。

後の工程と仕上がりを考えると、隙間なく、全面にきれいに接着しなくてはなりません。

乾燥時間もかかり、大変な作業がつづきます。

 

 

| woodworking (木工) | 19:55 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/59PAGES | >>