CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
デジタル難民の解消

先月、出たての本を読みました。

 

「イノベーションはいかに起こすか/AI・Io時代の社会革新」

   坂村 健 著 NHK出版新書 634

 

世界から日本の社会、経済の遅れを取り戻すには、デジタル教育でイノベーションを起こすべきだ、と云っています。

 

一方、政府もデジタル庁を創設して情報化社会への対応を強化する方向です。

 

また、小学校からプログラミングを教え、中学、高校でも情報社会教育を増やすようです。

10年もしなくても、学校教育で「デジタル」学んできた若者が社会全体を動かす事になります。

 

その社会のイノベーション、発展を遅らせ、弊害になるのが、やっぱりここでも老人です。

どうも高齢化社会は色んな問題を起こすようです(含む本人)。

老人に限らず、いわゆる”デジタル難民”を作らないことです。

 

まず自分が難民にならないように、

学校ではどんな教育がなされているのか知りたくなりました。

 

訊く子供もいないので教科の名前もわかりません。

Netで調べ、 小学校 1っ冊、 中学校、高校、各2冊 

教科書を取り寄せました。

おかげさまで、今、中学まで進みました。

 

老人に限らず、学校で「情報」「デジタル」を習っていない社会人も多く、一度は通して学び直してもいいのではないかと思います。

義務教育で教えるようなことは、国民共通の常識として必要だと思います。

 

生涯教育の必須科目として、再教育を義務化してはどうだろう。

情報化社会の底上げとして重要ではないだろうか。

市の教育委員会に提案してみようかな・・。

 

と、まあー、

電子マネーでも、マイナンバーでも積極的に順応して、

社会革新・イノベーションの、お荷物・ブレーキにならないようにしなくては、と思(想)ったまでです。

 

| other's (他) | 10:25 | comments(0) | - | pookmark |
黒部渓谷トロッコ電車

先週、9日(月)、10日(火)富山・宇奈月温泉で一泊して、黒部渓谷トロッコ電車に乗ってきました。

 

来年の秋も「GOTOトラベル割り」があるかわかりません。

宿泊費実質半額、さらにトロッコの運賃(片道2000円ほど)もシルバー割で火/水/木は半額に、その運賃も旅館でもらった地域クーポンで済ませ、今年の渓谷の紅葉を見てきました。二人が一人分の費用で行ける、こんなサービスはそんなには無いのでは・・余ったクーポンでお土産まで買って。

 

11月9日(月)

8時自宅出発、松本、白馬経由で向かう。

穂高辺りの有明山、奥、燕岳・大天井岳

途中、大町で高瀬渓谷に寄り道

渓谷のダム湖

白馬、小谷、糸魚川、親不知は昨年の糸魚川クラフト出展時に観光したのでパス。

魚津まで行って、埋没林博物館(特別天然記念物)を見る。

残念ながら、ホタルイカと蜃気楼は時期外れです。

お目当ての宇奈月温泉着

温泉街

 

お宿

 

11月10日(火)

トロッコ電車の出発駅、昨夜降った雪山に向かいます

 

 

 

 

 

到着、終点・欅平、片道1時間20分、見事な5色の紅葉を堪能しました。

 

 

 

往復・滞在、計約5時間、それは素晴らしい紅葉でした。

 

帰りは夕刻の富山市を通りR41でもどりました。

20時半、無事帰宅。

お金は無くても時間のある方、今年はお得ですよ。

コロナに注意して出掛けましょう。

 

593km、25.4k/L

| other's (他) | 07:37 | comments(0) | - | pookmark |
高遠・入野谷在来そば

6日(金)

 戦前に廃れた入野谷在来そばが、三粒の芽から奇跡的に栽培増殖が出来、昨年あたりから高遠のお店で食べられるようになりました。

高遠城址"お蕎麦食べ比べと紅葉祭り"に出掛け、食べてきました。

 

食べ比べ 一枚目、焼きみそのたれが高遠風

二枚目、お目当ての入野谷在来そば 十割、

お米の団子を細く切ったような、もっちり系、味は一枚目の方が好みでした。

城址、紅葉祭り、

おっと!スピード違反

と思いきや、ボストンダイナミックス社も驚くような非電動固定人型ロボットと、二次元パトカー。

 

混雑すると思い 土日を避けたのが正解。

時間が有ったので今年も箕輪ダム、通称もみじ湖にも寄ってきました。

| other's (他) | 11:21 | comments(0) | - | pookmark |
贅沢

日本海の幸をいただきました。

直送新鮮です、2日続けて同じ晩餐です。

(美味しく頂いています、ありがとうございました。)

| other's (他) | 11:28 | comments(0) | - | pookmark |
枝打ち

11月です。

秋深し、夏に伸びた庭木の枝打ちをしています。

 

"before"

"after"

ハナミズキが良く紅葉しています、

先に花芽が付いています、これは花が終わった頃にします。

 

居間から南アルプスが良く見通せるようになりました。

 

まだまだつづきます、大仕事です。

 

| other's (他) | 07:26 | comments(0) | - | pookmark |
ラジオの取材をうけました。

今朝、信越放送の記者さんが自宅工房にみえて、びっくり工房の取材うけました。

内容は、11月3日(火)16;43〜50「伊那谷めぐりあい」で放送されるそうです。

1時間に及ぶインタビューにお応えしましたが、

内容が薄かったのか、つい興が乗って長引いてしまったのか?

いずれにしても、これを圧縮編集されるそうです。

 

このあと、

”顔が出ないラジオで良かった”と書こうか

”せっかくの美男子がテレビで無いのが残念”と書こうか、

迷っています(笑)。

 

よかったら、聞いてやってください。

 

 

| other's (他) | 20:07 | comments(0) | - | pookmark |
伊良湖岬へ

一気に寒くなり、10日の土曜日まで台風の影響で強い雨が降りました。

夕方には上がり、11日の日曜の朝は快晴でした。

 

朝食中・・

”今日はいい天気だぞー、海は荒れが残ってるだろーが”

と私。

「飯田じゃー海は見えんわ」と

カミさんが当たり前のアホなことを云う。

”あー、見に行くか”

「今から・・、どこへ・・・」

”そうだな、伊良湖岬だな”

で、朝食後思い立って車で出掛けた。8時半。

 

R151で南下、渥美で美味しい海のもので昼食をして、

それでも1時半には岬先端に着きました。

(大)昔を思い出す、恋路が浜。釣りにも来た。

 

 

 

 

こちら内海側の港で静か。気温27度さすがに暑い。

海を渡る”アサギマダラ” 調査観察用の識別番号が入っていました。

絶好のサーフィン日和。

 

渥美半島を一周して、1号線浜名湖辺り、右太平洋、左浜名湖

浜松経由でR151に戻り、帰宅pm8時半。

 

十数年、年に何回も出展で出掛けていると、コロナ禍でもじっと家にしていられないのか、また出掛けてきました。半分はカミさんの運転だから、きっとカミさんも”病気”だわ。

 

| other's (他) | 07:58 | comments(0) | - | pookmark |
北海道ドライブ旅行 (その3・完)

(その3・完)9月19(土)、20(日)、21(月)

 

□ 19日 美瑛町(白金温泉)−旭川ー小樽ー積丹半島ー余市

美瑛白金・青い池と、白ひげの滝

 

 

釧路も帯広もこの旭川市も、市街は「街」でつまらない。

動物園は時間がかかり過ぎるし、

色々あるクラフト展示場も時間が早くて閉まっている。

旭川ラーメンも食べるにはまだお腹が空いていない。

結局、ぐるぐる街を走って、昼前に一路、小樽に向かう。

 

小樽を通り抜け、積丹半島へ。

神威岬、ここは風が強かったが、小樽にとどまらず来て良かったです。

 

積丹岬、

 

余市まで引き返す・宇宙記念館。初の宇宙飛行士毛利衛さん生家(実家)の銭湯、屋上に注目

 

□ 20日 余市ー小樽ー離北

(札幌と云えばビール)、余市と云えばニッカウヰスキー

 

夕刻の新潟行きフェリーに乗るまで、まる一日、小樽観光

 

運河の街

 

  

街と港を一望。左、余市、積丹半島に続く

  小樽は、今は観光地。  新日本海フェリー

 

17時小樽の港を離れ、新潟港へ。小樽と旅行を惜しむカミさん

 

さよなら北海道

 

□ 21日(月・祝) 新潟ー(駒ケ根)飯田

 

とても静かな航海で、予定通り朝9時、新潟港接岸。

新潟ー飯田は、もう帰って来た気持ち。

 

「以下、付録のオマケ(帰省客)」

ところで、19(土),20,21,22は世の中、連休。

5月のGW,8月のお盆の外出自粛も緩み、久しぶりに人の移動が増えた。

 

息子家族、西組4人、東組3人、も今年初めての帰省。

我々の北海道からの帰りに合わせ、駒ケ根キャンプセンターのコテージに宿泊予定です。

 

新潟港に着いた我々は、夜のバーべキュウ用に寺泊(柏崎)で毎産物を調達して帰郷、キャンプ場で合流しました。

 

共につもる話に花を咲かせ、最後の駒ケ根ー飯田間は、カミさんの運転で無事ドライ旅行を終えました。

21時飯田自宅着、走行距離3110km、25.8km/L, 完。

 

(翌日、息子達は飯田の自宅に寄ってから帰りました。)

 

 

 

| other's (他) | 09:25 | comments(2) | - | pookmark |
北海道ドライブ旅行 (その2)

(その2)9月16日、17日、18日

 

□ 16日 ウトロ(知床)ー峠ー羅臼ー野付ー根室(納沙布)

 

世界自然遺産・知床半島の付け根にあるのがウトロの町。
そのチョットした岩山・オロンコ岩から港と町を見下ろしました。
ここから半島遊覧船が出ますが、今回は見送り、陸路

 

 

ウトロから知床五湖(遊歩道)へ行きました。

この遊歩道に入るには、フィールドハウスでヒグマ遭遇対策の
レクチャーを受け、立ち入り認定証をもらいます。
「熊に遭遇」
ところがそのレクチャーを受ける前、そのハウスに向かっている道路で野生のヒグマに遭遇してしまいました。
対向車も停止、こちらも停止、ただ事が起らぬ事を祈って見守りました。
しばらくして、子熊2匹も現れ、左の草むらに下りていきました。
(やっと、フロントガラスガラス越しに撮った貴重な一枚)

その後のレクチャーに依れば、ヒグマは体重400kg、
時速70kmで走る、まず勝ち目はない。特に子熊を連れた母熊は危険。
「対応策」
・見かけたらゆっくり後退りしてその場を離れる。
・それでも襲ってきたら、逃げないでいる、大抵は威嚇行為で熊は着前で止まる、そうしたらゆっくり後退りする。
・それでも襲ってきたら、うつ伏せになって両手で頭を抱える、これが一番被害が軽い(食われる)。
とのことであった。
実際どこまで守られるか自信は無いけど。
いずれにしても、突然出くわすのが一番危険、
守る前に遭遇しないようにすること。その為には、音を出し(手を叩く他)人の気配を知らせる、とのことであった。
「今ドライブ旅行最大の出来事」でした。

その後、周回した五湖、熊が避けてくれたようです。

 

知床峠を超えて、羅臼へ

 

根室への途中、野付半島

 

根室半島先端、納沙布岬

 

 

□ 17日 根室ー厚岸ー釧路ー浦幌ー南富良野

厚岸を過ぎ

 

釧路湿原へ、残念ながら小雨で遠望出来ず。

 

道端の鹿、鹿、リスには出会いました。

 

帯広に着く前の浦幌の(魔の)海岸、「昆布切り石展望台」

帯広は街で素通りして、南富良野町まで。

 

ここで、事件、「カメラの紛失」が発覚。旅行第2の事件。

カメラも惜しいが、これまでの写真が失われたことのショックが大きく、

夕食欲無し。

 

本日は、カメラの電池不足で、スマホカメラと共用していたため、最後に使った場所が不明瞭。

それでも「昆布切り石展望台」から後で無くしたのでは・・?

車のサイドポケットから落とした・・?

 

カミさんは途中で寄ったコンビニに電話で問い合わせる。

私は道警察に落とし物の電話を入れた。

 

諦めて眠りに就いたが・・

 

「このまま飯田に帰ったら悔やまれるかもしれない、

ダメもとでいいから明日探しに戻ろうよ」とカミさんが言う。

”そうだな、そう言ってくれるなら戻ってみようか”

 

□ 18日 南富良野ー(浦幌往復)−南富良野ー富良野ー美瑛ー白金温泉

 

翌朝3時、顔だけ洗ってパジャマのまま運転、雨の峠を越え帯広の先、途中車を止めたところを確認しながら、浦幌(魔の)海岸「昆布狩り石展望台」(地図×マーク)まで探し戻った。

 

雨に濡れたケースに入ったカメラが柵の上に「有った」。

落としたのではなく、スマホで撮り直した時に置き忘れたのだった。

250km、往復6時間ほどかけ、9時過ぎ、南富良野に戻り、ゆっくり朝食をした。

つくづく諦めないで良かったと思っています。

 

置き忘れ現場と、昼に着いた富良野

 

 

美瑛の丘(パッチワークの路)

 

  

白樺並木の続く白金温泉への路

 

(その3)に続く

| other's (他) | 22:00 | comments(2) | - | pookmark |
北海道ドライブ旅行 (その1)

9月13日(日)〜21日(月・祝)の九日間、

カミさんと北海道ドライブ旅行に行ってきました。

 

(その1) 13,14,15日

 

□13日(日)自宅飯田ー新潟港ー小樽

 

新潟12;00発ー小樽14日4;30着、新日本海フェリー。

ちなみに往復料金は 車両、運転手及びツーリスト1名

合計62750円ーGOTO割9490円ー往復割3010円=5万円でした。

 

 

 

 

 

□ 14日(月)小樽ー留萌ー苫前ー稚内ー(浜頓別)

 小樽港4:30着、北を目指して海岸を380km

R231,R232オロロンラインを走る。

 

留萌39km, 増毛22km           黄金岬

 

おびら鰊(にしん)番屋

サロベツ原野 利尻島を右に見て、オトンルイ風力発電

 

ハマナスの花

 

 

来ました、最北端。左;日本海、 右;オホーツク海

 

宗谷岬を後に、オホーツク海を左に見て、浜頓別まで南下、

コハクチョウが飛来して越冬するクッチャロ湖

 

 

□ 15日(火)浜頓別ー紋別ー網走ーウトロ(知床)

左、オホーツク海、右サロマ湖     サロマ湖

  

能取湖

懐かしい、網走監獄。入所していた訳ではなく半世紀前に

新婚旅行で写真を撮った事があるのです。

なんと、監獄飯レストランがあり、体験してきました。

粗食、ヘルシー食は、内のカミさん料理と変わらずでした。

 

網走から知床・ウトロに向かう。 オシンコシンの滝

 

 

以降、(その2)につづく(はず)。

 

 

 

 

| other's (他) | 08:41 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/64PAGES | >>