CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
秋田の帰路

◇ 6月26日(月) 昨夜は、出展中の駐車場グラウンドホテルでは無く、湯沢のグランドホテルで宿泊。近くで、毛ガニと冷えた〃瓶〃ビールで夕食、例に依って〃売り上げは地元に還元〃して、夜は、ダブルのダブルベッドでカミサンの猛獣的イビキからも解放され安眠。朝、バイキングではない朝食をとったあと出発、雄勝こまちからR108で宮城県に入り、こけしと温泉の街、鳴子へ。

途中の、かんけつ泉「弁天」、注)諏訪湖に比べれば小規模。

 

そのままR108(R47)で宮城県大崎市、さらに太平洋側の石巻に進み、R398を反時計まわりに女川町に入り昼食。おいしいおいしい大盛アナゴ丼をいただく。ここでも復興に寄与して、北上川を遡上して石巻に戻り、三陸自動車道で松島へ。松島一周遊覧した後、仙台中心繁華街でホテル泊。

◇ 6月27日(火) 仙台城跡(青葉城)から広瀬川越しに市街を見下ろす。

あえて、R6で海岸側を南下。

帰還困難区域内を縦断して(片側一車線無停車で通行可)いわきー日立ー水戸ー土浦。

ここから、圏央道で一気に八王子へ、中央道で飯田に戻る。

今回の秋田行ルートは下図、全行程5泊6日、1597km 25,1km/L、22時無事飯田帰宅。

女川辺りの震災復興状況と、浪江、双葉町辺りの原発被災地域の現状を見てみたくてこのルートにしました。

思うところ多けれど・・文に出来ず、以下白紙。

| other's (他) | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
庭では

結構食べられたイチゴもいよいよおしまいになりました。

干しブドウのようなものはクワの実です。

1mにも満たない小さな自生のクワの木に実が付きました。色付いたのをチョット摘まんでみました。酸味のある癖の無い味で”食べられ”ます。カミさんも一粒、二粒摘まんでみて、”ウーン、まーネ、ジャムにするには足りないワ”と当たり前のことを呟く。

 後から鉢に蒔いた枝豆です。歩き始めた2歳児です。

こちらは、初めに植えた枝豆です。少しそれらしくなってきました。学年で云えば、その場にも慣れた2年生と云った感じがします。採り入れまで元気に育つといいがなー・・。

| other's (他) | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
梅の木で

去年は庭のモクレンの木でした。

今年は庭の梅の木に、モズが頻繁に通ってきます、巣があります。

随分人馴れしています、我々が日に何度も通る庭の通路で、手の届く葉の茂みです。

天敵(ヒナを狙うカラス?)より我々の方が安全・安心?と思っているようです。

ここ数日、2羽が、並んで電線に停まっているのを見かけるようになりました。

口に餌を銜えています。

”雛が孵ったのかなー”

 

このモズは雪の冬も年中見掛けます。

まるで、うちの飼い鳥?、いや、許可無く庭を完全に自分たちのものとしているようです。

庭に出て、洗濯物を干すカミさんなんか全く気にしていないようです。

(遂にカミさんは鳥にも無視される存在に・・。)

無事、ヒナが巣立のを願っています。

| other's (他) | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金沢の帰り

雑貨×作家マーケット出展終了。

撤収、荷物を車に積み終え、会場近くの金沢一の繁華街 片町・香林坊のホテルで宿泊。

翌12日(月)、9時の開館を待って21世紀美術館を見学。月曜は室内展示は休館ですが、楽しめます。

 

(兼六園ほか、市街観光はパス)

 今年は、白山開山1300年の年です。

何度も同じ道はつまらないので、白山ホワイトロード(旧称白山スーパー林道)を通って帰ります。昨日11(日)冬季閉鎖を鬨、開通式があったばかりのコースです。

 市街を離れ、まずは、その途中にある白山比廖覆劼瓠某声劼鮖嫁辧ここは全国3000社余りある白山神社の総本宮です。(ちなみに地元飯田での氏神様も白山神社です。)

 

 

 

R157からR360に分かれ、ホワイトロード(有料1600円 33.3km)で岐阜白川郷へ。

姥が滝。足湯につかりながら観滝。ご希望なら横に露天風呂も併設されています。

各所で駐車しながら・・

霊峰白山です。

ロード全行程、昨日の混み合い(テレビ)も全く無くどのスポットも独占、ゆっくり堪能できました。岐阜県側出口 白川村へ。

合掌造りの白川郷から、敢てR156(文化街道、さくら街道)で荘川Icへ、高速で清見ICに戻り高山ICへ。

高山からは飛騨朝日村、開田高原を経て、御岳山を眺望しながら 木曽福島へ出て(高山ー木曽福島3H)、あとはお決まりの権平トンネルで伊那、そして飯田へ南下。晴天の日なか一日掛けてpm8無事帰宅しました。後半詳報略。

往復600km 23.9km/L

 

来週末は秋田横手です。

| other's (他) | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
収穫

花を植えずに、イチゴを植えた庭の端です。

今朝は一番の収穫がありました。

| other's (他) | 07:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
枝豆

 ポットで芽が出た枝豆の7本です。

庭は有っても(狭いけど)畑はありません。植える替える場所がありません。

日当たりの良くない隅の芝を削ってスペースを作り、そこに植えてみました。

40粒蒔いて7本、

種マメはまだ半分残っています、今度はごく浅く鉢に巻いてみました。

ビールのつまみと云うよりは、夏休みの観察日記となりそうです。

| other's (他) | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
帰ってみたら

 七尾市から戻ったら庭のイチゴが色づいていました。収穫です。

 

 

芽が出た枝豆も伸びはじめていました。植え替えの必要があります。

| other's (他) | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クラバコ、翌日帰ってきました

 クラフトフェア出展時、早朝出発、出展、車中泊、終了撤収、そしてそのまま帰宅する行程は、遠地の場合は特にきつく感じるようになってきました。

 

先週の姫路がキツく、今回クラバコは、”もう一泊して、ゆっくり帰るかなー、夜の運転も危ないし・・”とチョット口にしてみたら

「そーしよ、そーしよ、それが安全だわ・・一泊二日は良くないよ!!・・」と二も無くカミさんは賛同する。

 荷を積んで車中泊は出来ません。宿泊は当然旅館かホテル泊を意味します。ましてや魚の美味しい温泉地、早々に会場近くの料理旅館を予約して、二度目のここにも同行してきたのです。

 

 真夏を思わせる会場を離れ、すぐ温泉で汗を流し、まだ明るい七尾の海を見下ろしながら冷えたビールで旅館自慢の夕食。(これがカミさんでなければなー・・残念、(他の最適な同行者大募集))

 

翌月曜日、大橋で能登島に渡り、八の字に島を周遊して、ツインブリッジで島を離れ、

能登半島西側、外海側の冨來にでる。

 

増穂浦の砂浜で桜貝を拾い、道の駅冨來、世界一長い(500m)ベンチに腰掛けた。

1m幅に仲良くカップルが腰掛ければ、500カップル、1000人が座って夕日を眺められるポイントです。

 間に10mの距離を持って二人で座り、それぞれの想いで昼の海を長く見てきました。

 

 

巌門で昼食。できるだけ海岸に近い道を選びながら南下、

のと里山海道で内灘、金沢東ICで高速に、小矢部JCTから往路を戻る。

来月も金沢出展があります。

のと里山海道は途中 千里浜ICー今浜IC間は自動車道を下りて、”なぎさドライブウエイ”を走る。

目の細かい砂地のためか、車で走れます、お奨めです。

 

一日掛けてゆっくり帰ってきました、pm8帰宅、総行733km。

 

| other's (他) | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
枝豆

十日ほど前に、枝豆の種をポットにまきました。

気付いたら、芽が出始めました。

夏の終わりに、冷えたビールのつまみを想定して、遊びで試してみたのです。

各ポット3粒蒔いたので、全然芽の数が足りません。

深く蒔き過ぎたのかな?

そんな事より、植える場所がありません・・・なんとかなるかとはじめてみましたが、やはりなんともなりません。アホでした。

| other's (他) | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フルーツラインも桜が満開

 遅めの桜は、今がピークです。

松川作業所通いのフルーツラインです。

白い雪の残った南アルプスを背景に、日々、咲移る花の変化を満喫でき、今年も”伊那谷の春”を堪能しています。

 今日は、午後前線通過のため、お天気は荒れるようです。

これで花は、かなり散るのかな・・・。

 

作業は、一本足腰掛けを今年後半用に作っています。

バンドソーで曲線切り。

 

| other's (他) | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/47PAGES | >>