CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 見つけた | main | 見つけた、その2 >>
晴読雨読

 生活は晴耕雨読をモットーとしています。

ただ、私の場合は、畑を耕すで事ではなく”晴工雨読”となります。

勿論”工”は木工、工作の工です。

日頃、作業場へ出掛けたり、工房での作業をして、不都合な雨の日や寒い冬場は本を読む”晴工雨読”です。

ところが、此のところお天気にも拘わらず、朝も夜も、食事以外はコタツに入って一日中本を読んでいます。

次々と読みたい本が芋づる式に増えNETで注文して止まりません。

テレビもラジオも、ブログも書かず、完全に”晴読雨読”、になっています。

 

カミさんから日増しに邪魔扱いされています。

「洗車してきてよ・・」 ”あー”

「xx直してよ・・」  ”あー”

「少しは片づけてよ・・」”あー”

「そこ どいてよ・・」 ”あー”

「ジャマなんだから・・」”あー”

 ・・・・

その合間あいまに

”お茶だ、コーヒーだ”

”A店、B店のいちご大福を食べ比べたい”

”たまには麦(焼酎)がいい、ワインは白を頼む”

”飯だ、風呂だ・・・で

コタツに入って”晴読雨読”をやってます。

 

春一番は過ぎたのに、なんとなく室内に暗雲が近づいてきた気配を感じます。

春の嵐が吹き荒れ、炬燵に雷が落ちる前に、そろそろ抜け出すか、

6日は啓蟄だったし。

 

 

 

| other's (他) | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bikku.jp/trackback/906659
トラックバック