CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< さなぎから | main | 黒姫も中止 >>
源氏物語

「部屋を片づけたくて、本、BOOK OFFへ売っちゃった、」

「一山よ、車で運んで、」

「でも、3000円よ・・、まー、捨てるよりいいか・・」

と、少し前は若い娘だった人が話す。

 

”そう、じゃー、部屋が寂しくなったねー”

 

「でも、隔月で買いそろえた”源氏物語 全10巻”だけは残してあるの」

「読んだことある?」と訊く。

”昔かぁーし、高校の古典の参考書か何かで「差しつかえ無い」範囲を・・”

「おもしろいよー、訳本で読みやすいし」と、この本が話題になって、

結局、まずは最初の第1巻をお借りして読みました。

瀬戸内寂聴・訳 (タブレットスタンド(商品)に立てて)

 

今も昔も変わらぬ男女の心の機微・・、いたく感心して読みました。

 

「これからが面白くなるのにー」としきりに次を薦められましたが、

この歳で残り9巻を読むのは、(残りの人生の方が少ないし、色男でモテモテな恋の遍歴、まるで自分の自叙伝を読んでいるみたいで(超・笑))止めにしました。

 

女性、特に人生前半の女性におすすめです。

 

それに付けても紫式部は本当にすごい。

西洋のシェイクスピアが1600年前後、この本は、その600年も前に書かれた長編、まさにダントツに世界に勝る日本の誇りですね。

 

| other's (他) | 08:56 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする