CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
苦行

世に云う名作を読んでみました。

 

ロシアの文豪 ドストエフスキーの 「白痴」

新潮文庫 木村 浩 訳

 

「上」「下」2巻、びっしり活字で埋まった全1400ページの長編を10日間掛けて一気に読んだ。

ただ、読み切るためだけの苦行になりました。

 

小説家を目指すとか、特に文学史に興味があるなら別でしょうが、いま時、時間を割いてまで読むべき本とは、東洋の俗人である私には思われませんでした。(もっとも、テレビやゲーム、チャットに明け暮れているよりは勿論いいけとおもいますが)

 

いずれにしても、各種書評は当てにならないものと再自覚したのです。

 

 

じつは「上」巻であきらめ、1っか月ほど前に新しく出た

(新訳 「老人と海」ヘミングウエイ 高見 浩 訳 新潮文庫)

を読んだのですが、(130ページ)すぐに読み切ってしまい、仕方なくまた「下」巻に再挑戦したのです。

新訳で再読したこちらは感銘を受けました(おすすめです・・あてにならない他人の書評(笑))。

 

 

| other's (他) | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
GO TO 木曽の手仕事市

びっくり工房、今年2020年初の出展予定、

  木曽の手仕事市

  8月29(土)、30(日)

 

 

現在のところまだ「中止」の通知は来ていません。

 

屋外、「密」にならない解放環境、

望まれるコロナ禍での対策と日常生活と変わらないブースでの展示。

 

どーか、開催されますよーに。

 

   

| Events (イベント) | 06:54 | comments(0) | - | pookmark |
不作

発芽率が極端に悪く、

長雨のせいか、土が悪かったのか、

やっと少々実を付けた鉢植えの枝豆。

 

夏、一回一人分か。

 

お盆の帰省も見送ると、孫たちからの連絡、残念。

| other's (他) | 10:30 | comments(0) | - | pookmark |
オブリーグ ペンホルダー

Instagram  (アカウント @bikkuri1) から(時に)注文が入る

カリグラフィー用ペンホルダーを作っています。

 

左から、カリン、パドック、ブビンガ、

どれも赤みの木です。

ボール盤改造、木工旋盤です。

 

| カリグラフィーペン | 09:08 | comments(0) | - | pookmark |
長雨の後

「あれー、わたしレモン頼んだのにー」

 

運ばれてきた かき氷に、オーダ品が無いと騒ぐ

大昔は若かったであろう娘達と、電話番号と名前をメモしてお店に入った。

コロナ禍対策です。

 

「自分が注文した」ものだと、他の二人が証言する。

 

暑さのせいではない、

そろそろ「ボケ」が始まったのでは、と危惧しながら涼をいただいた。

 

そして、そんな心配の要らない若い娘(こ)達だったらなー、と心で思う。

 

| other's (他) | 10:16 | comments(0) | - | pookmark |
へー、知らなんだ

コロナ禍がまた再熱の兆し・・第2波か。

・・・・

そこで、過去の感染症の功罪から一つ。

 

17世紀、ペスト禍の第2波がロンドンにも襲来した。

この時、ニュートンはケンブリッジ大学の雑務からも逃れ、故郷に避難した。

万有引力の法則他、今も受け継がれる彼の業績の大半がこの避難時代のわずか1年になされました。

「ニュートンの驚異の年」と呼ばれているそうです。知らなんだ。

 

ペストを避け、田舎で暮らしたことによる、人類への功績です。

 

21世紀、コロナ禍を心配しつつ、ここ飯田の片田舎で思案しても、作品一つ出て来ません、あーア。

・・天才と凡夫の差。

 

| other's (他) | 09:35 | comments(0) | - | pookmark |
へー、気付かなかった

夏場、庭に置いたゴムの木です。

伸びると、先を切っては、頭を挿し木して40年くらいになります。

 

この時期、水と太陽を得て、新しい葉が次々にどんどん伸びて来ます。

何の目新しいことはありません。

あれー、でもちょっと変わってるなー

新しい葉は、赤っぽい皮を脱ぎ捨てては出てくるのだ。

緑の葉が開くと皮は剥がれ落ち、中には、はじめの写真のように、赤い新たな皮の芽がある。

ゴムの葉は、一枚一枚、毎回、脱皮を繰り返しながら増えていくのだ。

 

大事に、大事に、一枚一枚の葉を生んでは、育てているのだ。

 

さすが、観葉植物だわ・・、でもこんな生まれ方をする葉は、他に私は知らない。

40年当たり前に見てきたが、考えてみると実に変わった葉ぱだわ!

「へー、(他に無いことに)気付かなかった」です。

| other's (他) | 09:38 | comments(0) | - | pookmark |
外出が減ると

すでに半年が過ぎました。

まだコロナが燻っているようですが、今年の前半は非活動的な暮らしとなりました。

 

 全国のクラフトフェアも次々に開催中止になって出掛けることも無く、

近場の外出も自粛して家に籠り、

かと言って、出品予定の無い在庫品の製作にも身が入らず、

外部刺激が無い為か、折角の好機にも新作アイデアも浮かばず

結局、家でゴロゴロ、体重だけが2kg増える結果になりました。

 

(カミさんに掃除機の先で突っつかれながら、)

この間に買って読んだ本です。

 

はやりの新しい本もあれば、BOOK OFFで100円で買えそうな古い本・・、

SFも、並みの小説も・・、政治、宗教・・こども、女性向け(?)・・

見れば、全く私には読書傾向が無いみたいです。

 

このほかに、図書館で借りて読んだ本がありますが

結局、バラバラのめちゃくちゃみたいです。

 

これを、コロナ禍の中での生活の記録としておきます。

 

 

さーーて、そろそろ動き出さなくては。

 

| other's (他) | 14:25 | comments(0) | - | pookmark |
こちらもいまいち

玄関のアジサイです。

カエデの木の根元で日当たりが良くないようです。

横に伸び、それでもきれいな花をつけました。

| other's (他) | 10:06 | comments(0) | - | pookmark |
ひょろひょろですが。

 近所の農家の畑のトマトと比べると、ずいぶん細くてヒョロヒョロの茎です。庭に地植えしたミニトマトです。

 

 苗は農協のスーパーで買ったものですから、農家と同質だと思います。

違いは、土と日当たり(と腕)でしょう。

それでも、結構花を付け、下の実から赤くなってきました。

”やせた土地のトマトは美味しいと云うし、

ミニトマトだからミニでいいのだ・・。”

 

2本買った苗代も忘れたし、ミニトマトがワンパックいくらななかも知らないが、何となく数だけは負けずに採れそうです。

夏休みの一研究、成長を見守るだけでもヨシとします。

| other's (他) | 07:59 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/207PAGES | >>