CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ぼけ

 ボケ、今に始まった私のことではありません。

使っているコンパクトカメラ(sony cyber shot)の調子が悪い。

スイッチをonすると、「ジー〜」と言う発信音がしてカメラが振動する。

叩いて、音が収まった時にシャッターを切っていたが、最近音が止まらなくなってしまった。

結果は、先の写真の様に切れが無く薄ぼけた感じです。

スマホが有れば用はなすかとあきらめていましたが、やっぱり専用のカメラが欲しい。

ブログにももう少しましな絵を載せたいと思っています。

只今、機種選定中、

今度は、Canonの G7にしようかなーー、6万円、うーん。

| other's (他) | 04:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
見つけた、その2

2月24日ブログ ”見つけた” の続編です。

 

その福寿草は今、たくさん花を付けました。

奥は水仙で、やっとつぼみです。

手前は頭を出したフキノトウですが(下参照)、収穫にはあと少しかかるようです。

やっぱり、春一番を告げるのは、ダントツ福寿草のようです。

 

24日の再掲

で、一句

 ”落ち葉分け 春出でたりて 福寿草” 

                びっくり工房処女作(笑)

 

| other's (他) | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
晴読雨読

 生活は晴耕雨読をモットーとしています。

ただ、私の場合は、畑を耕すで事ではなく”晴工雨読”となります。

勿論”工”は木工、工作の工です。

日頃、作業場へ出掛けたり、工房での作業をして、不都合な雨の日や寒い冬場は本を読む”晴工雨読”です。

ところが、此のところお天気にも拘わらず、朝も夜も、食事以外はコタツに入って一日中本を読んでいます。

次々と読みたい本が芋づる式に増えNETで注文して止まりません。

テレビもラジオも、ブログも書かず、完全に”晴読雨読”、になっています。

 

カミさんから日増しに邪魔扱いされています。

「洗車してきてよ・・」 ”あー”

「xx直してよ・・」  ”あー”

「少しは片づけてよ・・」”あー”

「そこ どいてよ・・」 ”あー”

「ジャマなんだから・・」”あー”

 ・・・・

その合間あいまに

”お茶だ、コーヒーだ”

”A店、B店のいちご大福を食べ比べたい”

”たまには麦(焼酎)がいい、ワインは白を頼む”

”飯だ、風呂だ・・・で

コタツに入って”晴読雨読”をやってます。

 

春一番は過ぎたのに、なんとなく室内に暗雲が近づいてきた気配を感じます。

春の嵐が吹き荒れ、炬燵に雷が落ちる前に、そろそろ抜け出すか、

6日は啓蟄だったし。

 

 

 

| other's (他) | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
見つけた

庭の落ち葉から春が出てきました。

昨年、頂いて植えた福寿草です。

 

| other's (他) | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仏教

 仏教・・・、日本人です、

この歳になるまで、自己啓発も含め、都度本にも接してきました。

「よくわかる仏教」、「お経のこと」、「座禅」、「宗教」・・等々、

(なんと、インドにも行った事があります(2002年・観光))

 

今回この本を読んでみました。

何か、やっと少し頭の中が整理できたようです。おすすめです。

・・・

でも、もう、・・・ないつもりです。

| other's (他) | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
珍しくも有りませんが

 2階のトイレの横に、LEDライトを取り付けました。

コンセントに差し込むだけのもので、”人感センサー付き”と云うものです。

暗くて、人を感知した時に、明かりが付き、離れて2分で消えます。

珍しくもありませんが、夜、起きた時に点灯してくれてありがたいです。

 

味を占め、今度は階段の照明を、やはり人感センサー付きLEDライトにしました。

こちらは、付いてた電球を取り換えるだけのものです。

まだ、昔の蛍光灯が多いのですが、遅ればせながら、我が家もLED化と自動化が浸透し始めました。

 

どちらも、取り付け、切り換えに、何の工事も要りません。

明かりは、転ばぬ先の杖、老婆心ながらお薦めです。

(何を今頃・・、あるいは、まだトイレは近くないは・・・、と云われそう。”御尤も、”失礼しました。)

 

| other's (他) | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲母板

「ジィジー・ジィジー」

電子レンジがまた火を噴いた。2回目です。

 

 前回(2015年2月20日BLOG)は、「家電品から火が出た。即、故障、寿命・・、廃棄するもの」と、あわてたカミサンがその足で代替え品を買って来てしまった。その2台目です。

流石に今回は、「あー、また、雲母板が燃えてるな、」と冷静にレンジのスイッチを切ったのでした。

レンジの中、左側面の焼け跡のある雲母(マイカ)板。

結局、2台の電子レンジの雲母を焦がしてしまいました。

このまま、どちらも使いつづけられますが、黒く焦げた跡は過熱され易く、また再燃するかもしれません。できれば”部品交換”したいと思い、メーカ情報を探してみましたが、見付かりません。

 

それならば、素材の雲母板が手に入らないかと、Netで「電子レンジ、雲母板」で検索してみました。

なんのことはない、有るわあるわ、Amazonでもたくさん出てきました。

 

早速、一番安い、2枚入り¥143、送料無料 (sodial,中国、2weeks)を購入しました。

カッターで切って、1枚から、部品2枚を作りました。

2台の電子レンジが、たった71.5(¥143/2)円で再生出来ました。

 電子レンジ用として、こんなにいろいろ雲母板が売られていることにおどろきました。

と云うことは、これは珍しいことではなく、世の中、頻繁に電子レンジから火を出している、と云う事です。

家電から火が出れば、故障や寿命と勘違いして、中には、新しい電子レンジを買い求める(多くの?)人がいると思われます。

そんな買い替え需要をもしメーカが期待しているならば、「汚いわ」と云いたい。

メーカや、販売店はここらのことをもっとユーザーに周知、啓蒙するべきと思います(内だけが知らなかっただけかな?)。

 

教訓;電子レンジから火が出ても慌てて買い替えないこと!!、雲母板は安い、誰でもできる。

 

| other's (他) | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人づくり

中国で、クローンのサルを誕生させたそうです。(25日/朝日新聞・1面)

哺乳類からついに霊長類に。

 

いよいよもって小説の話では無くなった。

 

全てが、指数関数的に変化して、シンギュラリティへ。

社会の「人づくり」も意味が違ってくる。

 

進化で無く、人類の終焉を感じる。

 

せめて、哺乳類のパンダ🐼止まりにしてもらえないものか。

 

| other's (他) | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
冷えましたナー

 今朝は(も)冷えましたねー。

人間甲羅を経ると、得意になることもありませんが、大体ガラス窓に現れる氷の模様でその晩の最低気温がわかります。

うーん、これはマイナス10℃程度だな。

飯田の最低気温は−8.9℃とのこと。ならば、ここらは山付けでー10℃程度になったのに違いない。ただ、起きたときはすでに日が差していて確証はありませんけどね。

ガラス一重(一枚)の水場の窓。しっかり氷付いています。

 

こちらは、防寒用の2重サッシの戸、違いは歴然です。飯田は寒冷地です、ここを建てた時にはまだ多くはありませんでしたが、部屋の要所は二重窓にしてあります。(それもあってか、いまだにエアコンはありませんが)

外、昨夜の雪は少なかったようです。

 大寒も過ぎ、あと10日もすれば節分に、立春、この寒さも春を迎える気持ちのコントラスト。モーちょっと(あと少し)だ。

 

ティッシュカバーに続き、やはり革のBookカバーを作りはじめました。

裁断して、切った木口を同じ色で塗っているところです。

工房での仕事が続きます。

| other's (他) | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
超デカいちご

つぶ揃いの超デカいちごです。

毎日見ている南アルプスの向こう側、名産地静岡からの頂き物です。

カミさんがスーパーで買ってくる見慣れたいちごの有に2、3倍の大きさがあります。立派過ぎて、食べるのが勿体無いような気がします。

先週帰省した家族と一緒に食べました。甘くて瑞々しくとても美味しかったです。

世の中、なんでも日進月歩しているんですねー。

| other's (他) | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/53PAGES | >>